まとめ買いキャンペーン

パニック障害

パニック障害とは

◇パニック障害は、突然理由もなく急性の強い不安発作を繰り返す症状(パニック発作)を特徴とする疾患です。死ぬのではないかと多くの人が思います。
 
パニック発作のくわしい症状とは、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えなどです。自分ではコントロールできないと感じ、また発作が起きたらどうしよう・・・と不安になり、発作が起きやすい状況や場所を避けるようになります。
 

パニック障害の原因

 
パニック障害の原因はまだ解明されていませんが、次のように考えられています。

  • 脳内ノルアドレナリン系の過敏・過活動
  • セロトニン系の機能不全

上記は脳機能の異常説。
 
また、下記のようにも考えられています。

  • 幼少期の分離不安
  • 強いストレス
  • 繊細・神経質・こだわりや不安が強い性格
  • 遺伝的要因

 

パニック障害が起きやすい場所・状況

パニック障害は突然強く発作が起きるので、自分ではコントロールすることが難しいものです。
パニック障害が起きやすい場所は、

  • 人混みの中
  • 通勤電車
  • 公共機関

など、パニック発作が起きたらすぐに逃げられない場所や状況においてよく起こります。このような場所や状況を常に避けるようになります。これは「広場恐怖」とも言われています。
また自宅でリラックスしている時も急に起きることがあります。
 

パニック障害の治療について

パニック障害の治療ではまず、薬物治療からはじめます。
これはパニック障害の中心となるパニック発作を抑えるためです。
 
お薬には主に2種類あり、

  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
  • ベンゾジアゼピン系抗不安薬

SSRIは少量から服用を始め、少しずつ服用量を増やします。
SSRIの特徴として、十分な効果があらわれるまで2~4週間かかります。
そこで効果が即日にあらわれるベンゾジアゼピン系抗不安薬を使用することにより、パニック発作が起こらないようにします。
 
薬物治療が少しずつ効いてきたら、認知行動療法も併せて開始し、予期不安や広場恐怖を治療していきます。
 
パニック障害の症状が回復してきたら、少しずつお薬の量を減らして治療を終了します。終了までの期間はケースにもよりますが、6ヶ月~1年程度となっています。
 

Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods