まとめ買いキャンペーン

社交不安障害

社交不安障害 - SAD - (社会不安障害・社会恐怖)

 

社交不安障害 - SAD - (社会不安障害・社会恐怖)とは

 
○人前で何かをすると緊張してしまい、ひどい苦痛を感じる
○人前で何かをする状況から逃げてしまう、避けてしまう
 
普段、大抵の人は人前で何かをする時に緊張します。これは普通のことです。社交不安障害の方はさらに「ひどい苦痛」を感じてしまうのです。
この状態がひどくなると、学生であれば学校に行かなくなる、社会人であれば会議などに出席できなくなるといった日常生活にまで支障をきたすようになってしまいます。
また食事に関してですが、食堂や教室などで食事をする場合まわりにたくさんの人がいます。社交不安障害の方はこのような場所で食事をすることにも苦痛を感じてしまうので、食事を摂らなくなる。またはそのような場所に行かなくなるといったこともあります。
 
社交不安障害の方はあらゆる面で苦痛を感じるかわりに自分の人生やこれからに関して損をしてしまうことになります。
 

  • 人前でうまく話すことが出来ない
  • 自分の言いたいことが言えない
  • 人と食事ができない

 
このような状態になった場合、学校での友達関係や就職活動での面接、異性との会話や食事・・・などんどたくさんの場面で損をし、また苦しい思いをすると思います。
そのようにならないためにも社交不安障害の原因や治療法について考えてみたいと思います。
 
 

社交不安障害 - SAD – の原因

 
社交不安障害の原因についてですが、現状ではよく分からないといわれています。考えられるものとしては
 
○脳内の生物学的要因によって恐怖感や不安が増幅されやすい
○環境的要因(育ち方、経験など)
○遺伝的要因
 
発症の原因は一つの事柄ではなく、複数の要因が関与していると考えられます。
また、発症に関しては環境的要因が多くを占めているといわれています。
 
環境的な要因として

  • 過保護に育てられた
  • 厳しく育てられた
  • ストレスがある中でうまく対応できなかった

 
など、上記のことが考えられます。
 
 

社交不安障害 - SAD – の治療法

 
社交不安障害 - SAD – の治療法としては、

○薬 物 療 法

(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬・ベンゾジアゼピン系抗不安薬)

○精 神 療 法

(認知行動療法・森田療法・暴露療法)
 
この2項目があります。
 
治療期間は個人差や程度にもよりますが6ヶ月から1年程度となります。
けっこうな時間がかかりますが、完治することによって素晴らしい人生が待っていることでしょう。
心療内科・精神科に行くことも大事ですが、まずは生活習慣を見直しましょう。
✅適度な睡眠
✅適度な運動
✅適度な飲酒、あるいは断酒
アルコールを毎日たくさん飲むことによって、不安な状態に陥りやすいという結果がでています。断酒することによって不安感が軽減されることがわかっています。
 
まずは、薬物療法から解説していきます。
 

薬 物 療 法

 
薬物療法としては、最近は
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
デプロメール、ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ
が中心となっています。
(SSRIは従来の薬物と比較して副作用も少なく、服用開始時の胃腸症状(吐気、胸やけ、下痢など)、眠気が主です。ほとんどの方が違和感なく服用できるため、長期間でも安心して服用できます。)
 
一般的にはうつ病のお薬となりますが、他の疾患にも効果があることがわかっています。
SSRIを服用し効果があらわれるまで2~4週間程度かかります。
そこで、即効性のあるベンゾジアゼピン系抗不安薬を服用し症状の軽減をはかります。ベンゾジアゼピン系抗不安薬は即効性はあるものの長期服用すると耐性(薬になれて効かなくなってくる)や依存性が副作用としてあげられます。
作用時間が短い薬ほど依存度が高くなります。そのことからSSRIが効き始めたころ頃に服用を中止していくか、薬の作用時間が長いものは依存度もそれほど高くないため長時間作用型の抗不安作用の強いクロナゼパム(リボトリール、ランドセン:半減期約27時間)を服用することがあります。
詳しい薬の解説については、ベンゾジアゼピン系抗不安薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の各ページをご参照ください。
 
SSRIの効果があらわれて症状が良くなったとしても再発防止のため6ヶ月から1年間使用します。
 
 
次に精神療法について解説していきます。
 

精 神 療 法

 
精神療法には、認知行動療法森田療法暴露療法があります。
 

まずは、認知行動療法(CBT)から解説をはじめます。

認知鼓動療法とは、認知(考え方やものの受け取り方)に働きかけて気持ちを楽にする精神療法となります。
 
認知行動療法は、治療者が意識的にコントロール可能な認知と行動に働きかけて修正することにより、クライアントがおかれている悪循環を断つことによって、感情や身体の反応を含めた症状を相互作用的に改善しようとするものです。
認知と行動を“再構成”していくものです。
 
詳しい解説については、厚生労働省のホームページ「心の健康」をご参照ください。
LinkIcon心の健康
 
 

次に、森田療法を解説します。

森田療法とは、1919年に精神科医、森田正馬によって創始された神経症に対する精神療法のことです。
森田療法の対象に、対人恐怖、広場恐怖などの恐怖症や強迫神経症、パニック障害、全般性不安障害、心気症の治療が主になります。森田療法は高い治療効果があり、最近では慢性化うつ病や、がん患者のメンタルケアなど、幅広い分野に有効性があるといわれています。
 
森田療法の特徴として、
多様な神経症症状の背後には、内向的、自己内省的、心配性、小心、敏感、完全主義的性格等の神経質性格が比較的共通して認められることに着目しています。
主な特徴として、神経質性格を基盤にして、「とらわれ」という特有の心理的メカニズムが働き発症すると考えました。
 
○神経相互作用
┗注意と感覚が悪循環に作用して、ますます恐れや違和感が強く感じられること。
○思想の矛盾
┗不可能を可能にしようとする心の葛藤
 
森田療法では、症状の“とらわれ”から脱して、“あるがまま”のこころの姿勢を会得できるように援助していきます。
 
“あるがまま”についてですが、
第一に不安や症状を排除しようとすることをやめ、そのままにしておく態度を養う事です。
 
第二に、不安の裏にある生の欲望(向上発展の希求)を建設的な行動に発揮していくことです。
 
森田療法は、生き方の再教育とも呼べるものです。
不安を抱えながら生活の中で必要なことから行動すること。
そして、建設的に生きることを教えます。それを実践していくのです。
“あるがまま”の心を育て不安障害を乗り越えていくことが主眼となります。
 
 

最後に、暴露療法の解説をします。

暴露療法とは、行動療法と言い「暴露療法(エクスポージャー)」と呼ばれています。
暴露療法の特徴は・・・
「不安や緊張を感じる場面に実際に1時間ほど身を置いて、不安や緊張が起きても大丈夫という認知の変化と慣れを生じさせる」
という精神療法となります。
 
“間違った思い込み” ➡ “実はそうでもない”
と実感していくことが大事になります。
 
暴露療法では、ストレスから逃げずに向き合います。
回避行動によって不安や緊張から抜け出すこともできますが、それでは負のスパイラルに陥ってしまいますので、あえて逃げずに向き合うのです。
 
暴露療法は不安や緊張から逃げないこと。そして向き合い、間違った認識を改善していくことが特徴の治療法となります。
 

Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods