まとめ買いキャンペーン

全般性不安障害

全般性不安障害 – GAD -

全般性不安障害とは

 
全般性不安障害の症状は、絶えず強い不安感に苦しめられること。そして心や体の調子が悪くなって夜も眠れなくなっていくといったように、日常生活にまで支障をきたしてしまうものです。
 
また、パニック障害のように突然の強い発作や、予期不安というものがなくいつ全般性不安障害という病気になったのかはっきりわからないという特徴もあります。
 
 

全般性不安障害の原因

 
全般性不安障害の原因についてですが、
・精神的ショック
・心配事
・悩み事
・ストレス
このような精神的な原因と思われるできごとがあげられます。
 
・過労
・睡眠不足
・風邪などの病気
このような身体的な悪化が原因で発症することもあります。
 
また、上記のような原因がまったくなく発症しているケースもあります。
いつの間にか発症しているというのが全般性不安障害の特徴です。
 
全般性不安障害を発症された方の特徴として、
・神経質な性格
・不安をもちやすい性格
このような方に多くみられます。
また女性に多く、男性の倍以上となっています。
 
 

全般性不安障害の診断基準
DSM-IV

 
全般性不安障害の診断基準として、DSM-IVというものがあります。
下記のA~Fを満たしている必要があります。
 
 
A.(仕事や学業などの)多数の出来事または活動についての過剰な不安と心配(予期憂慮)が、起こる日のほうが起こらない日より多い状態が、少なくとも6か月間にわたる。
 
B.その人は、その心配を抑制することが難しいと感じている。
 
C.その不安および心配は、以下の6つの症状のうち3つ(またはそれ以上)を伴っている(過去6か月間、少なくとも数個の症状が、起こる日のほうが起こらない日より多い)。(注:子どもの場合は1項目だけが必要)
(1)落ち着きのなさ、緊張感、または神経の高ぶり
(2)疲労しやすいこと
(3)集中困難、または心が空白になること
(4)易怒性(イライラして些細なことですぐに不機嫌になったり、怒りを露わにすること)
(5)筋肉の緊張
(6)睡眠障害(入眠または睡眠維持の困難、または、落ち着かず熟眠感のない睡眠)
 
D.その不安、心配、または身体症状が、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。
 
E.その障害は、物質(例:乱用薬物、医薬品)または他の医学的疾患(例:甲状腺機能亢進症)の生理学的作用によるものではない。
 
F.その障害は他の精神疾患ではうまく説明されない。
 
 

全般性不安障害の治療

 
薬物療法と精神療法があります。

薬 物 療 法

抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)
┗ デパス、レキソタン/セニラン、ワイパックス、リボトリール/ランドセン、レスタス、ソラナックス/コンスタン、セパゾン、セルシン/ホリゾン、メイラックス、グランダキシン、リーゼ、セレナール、バランス/コントール
 
抗うつ薬(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
┗ ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ
 
5-HT1A受容体部分作動薬
┗ セディール
 
SSRIは効果が出るまで2~4週間程度かかりますので、まずは即効性のあるベンゾジアゼピン系のお薬で症状を抑えます。
ベンゾジアゼピン系は長期間服用すると依存症になりやすく、また鎮静作用、筋弛緩作用などの有害作用、アルコールとの相互作用などの問題があるため服用を最小限にとどめSSRIの効果が出るころに服用を中止することがあります。
うつ症状があるかどうかにより、処方される薬も変わってきますので医師の診断が重要です。
薬物療法としてはSSRIが副作用も少なく中心的に使用されています。
SSRIや5-HT1A受容体部分作動薬は効果が現れて症状がなくなっても、再発を予防するために、さらに6ヶ月から1年間は服薬を継続することが必要とされています。
 
 

精 神 療 法

 
全般性不安障害での精神療法は、支持的精神療法を中心に行います。
不安解消と精神の安定のために行う最も基本的なものです。
不安や緊張、恐怖などによって一時的に弱った心の働きを治療者がよく聴き、それを理解し支持することで症状を回復していきます。
支持的精神療法は初期の段階で行う事が多いです。
 
精神療法の中で最も効果が期待できるものに認知行動療法があります。
認知に働きかけて気持ちを楽にする精神療法となります。
ちなみに認知とは、
“人間などが外界にある対象を知覚した上で、それが何であるかを判断したり解釈したりする過程のこと”  参照:ウィキペディア
と意味します。
簡単に言うと、「考え方、ものの受け取り方」というものです。
 
認知行動療法は、意識的にコントロール可能な認知と行動に働きかけて修正することにより、クライアントがおかれている悪循環を断つことによって、感情や身体の反応を含めた症状を相互作用的に改善しようとするものです。
 
詳しい解説については、厚生労働省のホームページ「心の健康」をご参照ください。
LinkIcon心の健康

Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods
 
Bath Goods